サウナ

今盛り上がりを見せる、『サウナ』とは?

更新日:





 

今アウトドア雑誌やテレビなど、様々なメディアに露出している『サウナ』についてです。
サウナにハマるメンズが続出中という噂を検証していきます!

『サウナ』と聞くとあなたはどんなイメージでしょうか。
おっさんが密集して汗をかきながらじっと我慢して蒸されている、、、
そんなイメージなのではないのでしょうか!?

サウナはそんなマイナスのイメージばかりではなく、メリットだらけなのです。
①血流が良くなり体調が良くなる。
②交感神経と副交感神経が刺激されストレスが軽減される。
③老廃物を出しやすくしてくれて、美容面美肌面で効果がある。
など素晴らしい効能があるのです。

下北沢で行われたコロナビール主催のサウナイベントが行われたり、
7月からは原田泰造さん主演でドラマが始まるなど今までに無い盛り上がりを見せている『サウナ』について掘っていきます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LeaR incさん(@lear_inc)がシェアした投稿 -

正しいサウナの入り方について

ただサウナに入って終わるのでは意味がありません。その後水風呂に入って外気浴で休憩を入れる事によって究極のリラクゼーションが得られます。
①サウナ
②水風呂
③休憩
の3ステップを総じて『サウナ』と呼びます。そしてこれで1セットとカウントします。
そう、サウナに入るのは過程に過ぎないという事になります。
それでは簡単にそれぞれの入り方、注意点を見ていきます。

サウナの入り方

サウナはまず体の水気を拭いてから入りましょう。そうする事によって発汗がより促されます。
そしてサウナ室に入ったら上段に行くか下段に行くかを選ぶことになります。約10~20℃の温度の差が生じますのでここはコンデションやその日の気分でチョイスします。
入る時間ですが10~12分が一般的です。もちろん体調によって変化しますので、十分に温まったなと思ったら出ます。
テレビ付きのサウナや、BGMのみなど様々なサウナがありますのでお気に入りのサウナを探すのも楽しみの一つです。

水風呂の入り方

まず水風呂に入る前に汗を流す必要があります。
水風呂の前にオケが置かれている施設がほとんどだと思うので、それで頭から水で汗を流しましょう!
この行為を飛ばして水風呂に入ってしまう不届きものは『汗カットマン』と密かに呼ばれています。
最初は足からゆっくり入って徐々に慣らしながら入るのがオススメですが、慣れてくると一気に首まで入った方が楽です。
1分ほど入りましょう。最初は冷たいですが、しばらくじっとしていると徐々に冷たさが不思議と慣れてくるので是非お試しください。

そして休憩へ!

水風呂から出たら水分をタオルで軽く拭き取り、座れる休憩スペースに向かいます。
露天スペースで気持ちよく外気浴を味わえるスペースがオススメです。
時期によって寒い時期もあるので、そういった場合は室内の座れる場所で休憩しましょう。
デッキチェアにもたれ掛かっていると、脳がぐらんぐらんするような、じわ〜っとふわ〜っとした浮遊感に襲われます。
この感覚がサウナの醍醐味なのです!
これは味わった人しか分からないと思うので是非体感して欲しいです。

仕事の出来る男性はサウナでしっかりストレスを解消して次の日に備えているのでしょう。
気になった方は是非お近くのサウナ施設へどうぞ。






-サウナ
-

Copyright© Mens Fashion PRESS , 2020 All Rights Reserved.